もりこの部屋

ヒーリングルームゆーきらな にてヨガ・クリスタルボウル・心理カウンセリング・占い等やってます

はじめてマルシェ出店!~準備と気を付けたいこと~

はじめてマルシェに出店する方に向けて

どんな準備が必要⁈かをまとめました☺️

 

ここに辿り着いてくださっているあなた様は

これから自身の商品を世に出していこうとお考えなのでしょうか?

学んだことを活かして商品として提供していこうと動き出しておられるのでしょうか?

 

正直、今は自身のマルシェ出店はしておらず、トータル10回程の出店ですが、

夫のマルシェ同行(キャンドル物販・ワークショップ)や

自身の出店のたびに 学んだことをここに残していきますので

どなたかのお役にたてれば幸いです。

①準備するもの

②お店作り

③マルシェを自分が楽しむ

④つながりをつくる

⑤お客さんが来なかったら

 

私は心理カウンセラーを修得して、

アウトプットというか 武者修行 のためマルシェ出店し始めました。

 

一番初めは共に学んだ仲間たちと共同出店(先輩も同行するという手厚さ)。

 

私は自宅サロン開業を目指していたこともあり、

3回目からは思い切って1人で出店。

自分のカラーを出して 自分の責任で 

試行錯誤しながら 毎度、前回の自分を上回りながら

自身をつけるために 出店を続けてました。

だんだんと 占い(タロットやオラクルカード)もあった方がいい

と思うようになり、修行出店の領域に。

ジャンルが「心理カウンセリング・占い」なので

物販の方には情報が合わない可能性がありますことご容赦ください。

 

①準備するもの

・釣銭

・名刺・ショップカード

・メニュー表・(看板)

・キャッシュトレイ

・ゴミ袋

・マスキングテープ

・テーブルクロス

・テーブル・椅子(会場で用意がない場合)

・ミニテーブル

SNSやHPなど後でアクセスできるツールの確保

 

まず釣銭。

販売する商品の値段で釣銭は絞れます。

物販だと小銭をしっかり準備する必要があるでしょう。

もし2人1万円札出す人がいたら…とか考えながら準備してました。

テーブル等に固定できるミニ金庫があれば移動は楽でしょうけど、

私はもってませんでした。(夫も未だ持ってない)

お財布バッグを基本身につけていました。

お手洗いや立ち回る際は自分の貴重品バッグと共に移動。

[http://


 

:title]

・名刺・ショップカード

開店より先に、両隣の方へはご挨拶を。

手渡すものがあればいろいろしゃべらなくても何をやってる者かわかる。

まずはショップカードを。

名刺があるとさらに格好がつくかと。

先に名刺を頂いてしまって、やはりショップカードより名刺でご挨拶したい、、と思いました。

頂く名刺やショップカードを見て

ぜひプロのプリント屋さんで作成する事をお勧めします。

出来上がりの質に差が出ます✨

www.printpac.co.jp

・メニュー表・看板

2回目くらいの時メニュー表作り忘れて、当日手書き。

やっぱりぜんぜん映えないし、もう始まってるよーと 

準備ができてないことを指摘される始末。

メニュー表は ぜひ平置きでなく高さを出して。

大きめの写真立てでも、100均のイーゼルでも使って歩く人が見えるように。

さらに それらに高さを出して奥行を作る。

可能であれば「のぼり旗」ぐらいのものが素晴らしいと思いました。

マルシェですぐそばの同ジャンルの方が のぼり旗立てておられ、

圧倒的な宣伝効果。

センスあるお店作りも大切ですが、目立たないと意味ない。

何屋さんか遠目でもわかるものが◎

 

・キャッシュトレイはあったほうがいい。

私の場合、時間がきたら さりげなく スッ とキャッシュトレイを出す。

時間ですよ、のサインにもなる。

夫のマルシェ(キャンドルを販売)にもたびたび同行してましたが

百貨店に出店したときは さすがにないと困った。

やはり素手でお金の授受より 丁寧さがあるし、

レジに同行しないといけない場合はなおさら。

さらに、

PayPayなどメジャーな決済方法があると

やってみようかな、買おうかな、のハードルが下がると思います。

(夫のキャンドル物販はPayPayが多い)

審査・承認まで時間がかかるので 

早めにキャッシュレス決済方法は申請を。

[http://


 

:title]

 

・ゴミ袋・マスキングテープは必須

なにかとゴミは出る。

店頭からは見えないところ(テーブル内側など)にマステで固定しておくことをおすすめします。

なにかと使えるマスキングテープ、

ちょっとココ固定したい、ができて後に残らないのが◎

ちなみに私はダブルクリップ(見えてもいいシンプルきれい目のもの)

が役に立ってます。

しっかり挟める◎。下記テーブルクロスの固定にも使ってました。

 

・テーブルクロス

実際に家でディスプレイのリハーサルをやっておくと◎!

当日はじめてセッティングでは

“あれ持ってくればよかった”

とか

“なんか全然イメージと違う” 

みたいなことになります。

そのうえでテーブルクロスは大事!

私は“占い・心理カウンセリング”だったので

占い に偏り過ぎない程度の見え方を考えた。

そして滑り止めマットが必要でした。(100均で調達)

 

クロスは最終的に青ベロア。

ベロアのいいところは

・シワにならないところ

・切りっぱなしでもほつれにくいところ

ぜひ早めに調達を。

[http://


 

:title]

 

・テーブル イスの準備➕ミニテーブル

単独出店の場合とくに、

荷物の搬入が1人で完了できるよう

不安を少なくすることが大事。

開店までに体力消耗してしまっては無意味。

会場で備品レンタルが可能であれば

利用をお勧めします。

[http://


 

:title]

➕ミニテーブル については

自分の作業スペースの確保のため。

これ ぜひミニでいいから準備して欲しい。

物販ならラッピングのスペース、

占い等であれば

カードを広げシャッフルするスペースを十分に確保するため

メモとったり 買ってきたコーヒー置いたり 本置いておく

サブのスペースはぜひ欲しい。

ぜひお客さん側から見てスマートこなせる準備をすると

自分のココロにも余裕が出ると思います。

[http://


 

:title]

SNSやHPなど後でアクセスできるツールの確保

名刺やショップカードを作ろうと思っているのであれば

SNSかホームページは運営は考えておられると思います。

 

●公式LINE・・・自分の個人LINEではないため拡散するのに私は抵抗が少なかった。リッチメニューでさらにお店感が出せる。

●LitLink・・・HPが簡単にスマホで作れる。可愛くてシンプル。スマホ向けの造りだが私は今のところ不足なし。(PCでも見れます)

●スクエア・・・キャッシュレス決済の準備までこの中でできる。HPのようにカスタマイズもできる様子(私はまだ到達してない)

Instagram・・・やはり利用してる人が多い分、持ってた方がいいツール。写真・動画を少しでも投稿しておけば、活動内容の周知になる。

 

などなど ほんと調べたらいろいろあります。

ぜひ自分に合ったものをチョイスしてください(o^―^o)

 

②お店作り

・高さを出す

これについては上記でも言いましたが、物販も占いも

立ち歩くお客さんの目線の高さを意識したい。

裏側は 表から見えないスペースができるので、

ぜひ自分が動きやすいように活用を。

最期に出店した時に考えてたのは

「次は自分の上にオーガンジーのカーテン下げよう」とか

2m×2mの限られたスペースを縦に使うことをもくろんでました。

(☝まだやってません)

 

・イメージカラー(雰囲気)を統一する

機能性で選んだ小物の雰囲気がなんだかチグハグで

統一感に欠けることに気づき

それらは見えないところにスタンバイ。

見せたいポップも全体のイメージの素材のひとつ。

目立たせたいところを決めるのも大事。

黒画用紙に白ペンで表記するだけで雰囲気も締まる。

そして 

目立たせたいとろにはぜひ ライトの活用 を。

電池式のものであれば電源の心配もなし。

キャンドルホルダーにLEDキャンドル入れたりもしてました。

 

 

やはり事前にセッティングのリハーサルをして

しっかりイメージをつくりあげて出陣したほうが◎。

出店料もかかるし、

経験積みたいのにお客さんが来ない、

本番のはずが下見になるのはもったいないですから。

 

 

③マルシェを自分が楽しむ

わたしは 自分自身がそのマルシェを楽しむことが

出店の醍醐味だともおもっています。

もちろん いざ出陣!と気合入れて出ていくのですが

よそのお店を楽しんで、ライバルではなく 全身で学べるのがいい。

 

④つながりをつくる

好きなお店があったらフォローしたり、

お話する機会があればほかのマルシェのこと等 情報交換したり

今後の自身の活動の在りたい姿の想像がふくらむといいですね。

 

⑤お客さんが来なかったら

椅子に座って うつむいて スマホいじってる・・・

というのは 良くないです。

やる気無さそうだし、お客さんも より興味も湧かない負の連鎖なはず。

そんなときは 机に❝周回中❞とか❝休憩中❞とかメモ残して

立ち回ってみたり

店わきに立って笑顔で客引きを。

休憩中プレートを作っておくと何かと使えます。

 

この記事がお役に立てれば幸いでございます。

 

Moriko

友だち追加